DR.FEELGOOD


mail 座薬挿入

肝田さんは、お腹の調子が悪くて病院に行きました。

「先生、どうなんでしょう?」

「心配ないですよ。よく効く座薬がありますから、それを使いましょう。準備をしてください」

肝田さんはパンツを脱いで、お尻を先生の前に突き出しました。先生は肝田さんの肩に手をかけました。

「いいですか?いきますよ。はい力を抜いて」

「うっ」

座薬はいくつか入ったようでした。

「この座薬を毎朝、1週間続けてみてください」

「どうもありがとうございました」
翌朝。

言われた通り座薬を入れようとしましたが、どうもうまくいきません。そこで肝田さんは奥さんに頼むことにしました。

「これをお尻に入れればいいのね。わかった。いくわよ」

奥さんは右手で座薬をつまみ、左手を肝田さんの肩にかけました。

そのとき。

「うわあああああああああああああああ!!!」

「どうしたの?!ごめんなさい、痛かった?大丈夫?」

「うわああああああああああ!!違う、今気づいたんだ!うわああああ!」

「なに?何に気づいたの?」

 

「あのとき先生は、おれの肩に両手をかけていた!!」