DR.FEELGOOD


mail ライン引き

ウォーリーは、道路にペンキで線を引く仕事をすることになった。

仕事初日、ウォーリーは1日で20メートルも線を引き、上司を喜ばせた。

2日目は15メートルだったが、上司の評価はまずまず。

3日目は7メートル、4日目は2メートル。さすがに上司はだまっていられなくなり、ウォーリーにたずねた。

「どうしてだんだん短くなるんだ?!」


「しょうがないですよ!だんだんペンキのバケツが遠くなるんだから」