DR.FEELGOOD


mail マイクとビル その1

マイクとビルが酒場で飲んでいると、オオカミの皮を持った男が入ってきた。

マスターが金を渡すと、男は満足げに出ていった。

「今のはどういうことですか?」

「このあたりはオオカミの被害が多くてね。オオカミを1頭退治して証拠の皮を持ってくるごとに、懸賞金を100ドル出しているんですよ。」

これを聞いたマイクとビルは、すぐに銃を手に森に入った。暗闇に目を凝らしてみると・・・

いる!オオカミだ!マイクは迷わず撃ち、仕留めた。すばやい動作で皮をはぎにかかる。

「へっへっへ。ビル、これで100ドルだぞ。いいもうけだ」

「マイク!ちょっと見てみろ!」

マイクは手を休めない。

「マイク!見てみろ!!」

「あぁ?」

目を上げると、オオカミの群れが2人をぐるりと取り囲んでいた。

「ビ、ビル…」

マイクはあえぎながら言った。


「俺たちこれで大金持ちだぞ!」