DR.FEELGOOD


mail 母親へのプレゼント

離れて暮らしている母親に、3人の息子がそれぞれ誕生日の贈り物をした。

一郎:「僕は豪邸をプレゼントしたんだ。12 LDK だぞ!」

二郎:「僕はベンツをプレゼントしたんだ。運転手付きだぞ!」

三郎:「僕は話すオウムをプレゼントしたんだ。聖書から六法全書まで暗記しているし、歌も歌えるし話し相手にもなる。豪邸とベンツを合わせてもまだ足りないほど高かったんだぞ!」


しばらくして、母親からみんなに手紙がきた。

『一郎、豪邸をありがとう。でも母さんは、1人であんな大きな家には住めません。掃除が大変です』

『二郎、ベンツをありがとう。でも母さんは、健康のためいつも歩くようにしています。あの運転手とは合わないし』

『三郎。母さん、三郎のプレゼントが一番うれしかったです。母さんのこと、本当によくわかってくれていますね。とても美味しい鳥でした』