DR.FEELGOOD


mail 精子の検査

75歳の老人が、精子の数を検査してもらうために医者に行った。

医者は老人に瓶を渡し、家に持って帰ってサンプルを入れて明日持ってくるように言った。

次の日、再び病院を訪れた老人が医者に瓶を渡した。瓶は昨日と同じようにきれいなままで、空っぽだった。

どうしたんです、と医者は訊いた。

「いやね、先生、こういうことなんじゃ。最初は右手でやってみたんだが、どうにもダメでね。ほんで左手でやったんだけども、やっぱりダメだったんじゃ。だもんで婆さんに頼んだんだよ。

婆さんは、最初右手でやってダメで、左手でもやっぱりダメだった。婆さん、口でも試してくれたわい、入れ歯アリとナシで・・・でもダメじゃった。

とうとうお隣の奥さんにまで頼んだんじゃ。右手、左手、そんで口・・・そんでも全然ダメでな」

医者はびっくりした。「お隣さんに頼んだんですか?」

老人は答えた。


「そうじゃ。でも誰がどんだけ頑張っても、この瓶のやつめ、全然開かんのですわ」