DR.FEELGOOD


mail わたくし会社を興しました

独立してビジネスマン。新しくビルの一室を借りて、机や書棚、テーブルにソファも運び込んだ。電話は・・・まだ繋がってない。工事は今日の予定だ。

彼はいいアイデアを思いついた。電話で商談をしている振りをして、いかにもヤリ手のビジネスマンのように見せかけるのだ。顧客にも信頼を与えるだろう。

そうしているうちに、ドアの硝子の向こうにお客さんの姿が。彼はドアを開けて入ってくる。

よし、チャンスだ。

「やあ、こんにちは、いらっしゃい!
ちょっと待ってくれよな。 いま重要な商談の最中なんだ!」

彼は電話を手に取り、激しく身振り手振りで大きな商談の真っ最中のような振りをする。

「何だって? ・・・ああ! いいとも!
300万ドル? 安いじゃないか、買い占めろ!
そうだそうだ。 その線で進めてくれ!
・・ああ、あとは私が処理するよ。ありがとう!」

受話器を置くと、ビジネスマンは笑顔でドアから入ってきたお客に声をかける。

「やあ!すまないね。 何しろ忙しくてさ。
で、今日は何の御入用でしょう?」
男は答えて言った。

「その電話線を繋げに来た業者です」