DR.FEELGOOD


mail 本当の父親

金婚式を迎えた老夫婦が、夕暮れ時のレストランで結婚記念日をつつましく祝っていた。

夫が妻の方に体を傾け、優しく話しかけた。

「ねぇ、いい機会だから、ひとつ尋ねておきたいんだ。ぼくたち結婚したとき、家族で野球チームを持とうじゃないか、と誓ったのを覚えているかい?」

「もちろんだわ」

「でも、ひとつだけ気にかかっていることがあるんだ。九番目の末の息子、サミーが一人だけ他の兄弟とは身長や風貌がまるで違っているのに、おまえは気づいていたかい?」

「これからする質問の答は、今までのわたしたちの幸せな結婚に波風を立てることになるかもしれない。それでも、ぼくは真実を知りたいんだ」

夫は意を決したように言った。

「・・・九番目の末の息子は、父親が違うんじゃないかい?」

それを聞いた妻は驚いたように夫を見つめた。

そう、そうなのだ、夫は知っていたのだ・・・。

長い長い沈黙のあと、妻はようやく重い口を開いた。

「ええ、そうよ。九番目の息子の父親は別の男よ」

夫は予想していたこととはいえ、その事実に打ちのめされ、胸が張り裂けんばかりだった。目に涙を浮かべながら夫は妻に問い詰めた。

「いったい、誰、誰なんだ? 九番目の息子の本当の父親は?」

妻は再び頭をうなだれて沈黙してしまったが、必死に勇気を奮い起こし夫に告げた。


「それはあなたよ」