DR.FEELGOOD


mail 間抜けなトミー

客の男が果物屋の店先で主人と話し込んでいた。 そこに通りかかったのが、薄汚いボロを来た小さな男の子。
「おや?あそこを歩いているガキは、とんでもない間抜けでしてね」
果物屋はくつくつと笑った。
「話の種にちょっと実験してみるから、見ててくださいな」
「おおい。トミー」
果物屋は大声を張り上げた。
「こっちだ。こっちに来い!」
トミーは、ぼんやりした顔つきでキョロキョロすると、やっと果物屋に気づいた様子で、のこのこと近づいてきた。
「な・・・なんですか。ウ・・・ウィリアムさん」
果物屋は、釣り銭の中から汚い25セント貨と、キラキラ光る10セント貨を選ぶと、地面にポンと投げた。
「おい。トミー。お前の好きな方をやるぞ」
トミーはしゃがみこんで、じっと二枚の貨幣を見比べていたが、手に取ったのは、キラキラ光る10セント貨の方だった。


1時間後。
客の男は、通りでトミーを呼び止めて、25セント貨を選ぶべきだったんじゃないかとアドバイスした。トミーは、男の目をまっすぐに見つめると小さく微笑んだ。


「だって、おじさん。もし25セント貨を選んだら、それでもうおしまいでしょう?」